HOME | 商品ラインナップ | SAP建築事務所 ほっとエール


 

2×4工法を採用。『ほっとエール』で高齢者施設を建てる


今や多くの高齢者施設が、全国各地域に必要とされています。そのシステマチックな汎用性から、木造の大規模化への切り札ともいえる木造2×4工法を採用。
高齢者施設特有の多くの用途や複雑な条令や各種法規にも計画初期から対応し、建物を計画していきます。
ほっとエールは高品質とコストバランスを兼ね備えた、地域社会のニーズに答え、社会貢献のできる時流に乗ったプロジェクトです。
 


 
 
 

多岐にわたる施設の用途、各地域の条例や法規も完全対応。

 



 
 
 
 

 
計画物件があれば今すぐほっとエール導入! 同業他社の一歩先へ!

 
 


建てるだけで多くのメリット! 2×4工法
 
設計において2×4を選択するメリットは多くあります。箱形構造の為、面で外力を分散、吸収するため抜群の強度を発揮します。また、面構造は気密性が高く、熱を逃がさないので、省エネエコ空間が期待できます。
建物の本体価格を如何に削減していくかが、事業成功の近道でもあり課題でもあります。2×4のメリットでもあるコストダウン。工場でパネルを製作するので昨今の職人不足、単価の高騰にもあまり左右されず更にプランの企画、規格化で工期短縮を実現。勝つ商品づくりが可能です。

耐震性

 

耐火性・防災性

 

機能性・省エネ性

 

 

快適性

環境への配慮

 

システマチックな汎用性

 

 
用途地域や、防火指定、建物用途、規模、階数等物件によってより複雑で難しいのが、木造の防耐火設計。私たちはツーバイフォーファイアーストップ工法の強みを生かしつつ、物件プロジェクトごとに1つづつ丁寧に解決し、適切な防耐火設計を進めて行きます。
<2×4木造にはコスト削減のメリットが多くあります>
 
1、パネル工場で躯体を製作するので、木造在来工法に比べても、現場の建て方の工期の短縮
 
2、RC造、鉄骨造に比べて荷重が軽いため、基礎のコスト軽減
 
3、減価償却の期間の短縮
年数が短いと毎年の減価償却に計上できる費用が大きくなります。
(木造22年、RC造47年、鉄骨造34年)
 

 

   CONTACT

当社へのお問い合わせは以下のフォーム、電話までお気軽にご連絡ください。
以下の当社フォームで入力いただきました個人情報は、SSL暗号化通信によってSAP建築事務所問合せ窓口へ安全に送信されます。
※本問合せ情報はSSL対応フォームシステム「Smooth Contact」(https://smoothcontact.jp)を通して送信されます。
 
 
(別窓SSL問合せフォームページへ進みます)
2×4商品導入をご検討の建設関連企業の方はこちらから問い合わせフォームへ進んで下さい。
 
 
(別窓SSL問合せフォームページへ進みます)

2×4商品にて建築計画をお考えのオーナー様はこちらから問い合わせフォームへ進んで下さい。

 
 
(別窓SSL問合せフォームページへ進みます)

  0287-65-1000